様々なトナーについて

複写機、レーザープリンターを利用してコピー、印刷をするためには、トナーの入ったカートリッジを取り付けることが必要となります。

そちらのトナーは、複写やプリントアウトを繰り返すたびに消耗され、いずれは底をつくこととなります。しかしながら、トナーは不透明なカートリッジの中に充填されている他、機器内部に取り付けられるため、外部からは残量をチェックすることが難しいという問題があります。そうした問題を解消するために、トナーの残りが少なくなってくると、表示部に警告メッセージなどが出る機器が少なくありません。

それらの表示が出たとしても、すぐにカートリッジを交換せず、様子を見ながら使用することは可能となります。ただし、そういう状況になった場合には、早めに予備のカートリッジを用意しておかないと、いたずらに時間やエネルギー、コストを消耗することともなり兼ねませんので、注意する必要があります。

通常の方法で取り扱っている限り、カートリッジ内のトナーが飛散することはありません。しかし、誤って落下や衝突などをした際に、カートリッジが破損して、トナーがこぼれる可能性はあります。

再生トナーには、導入時のコストをカットしたり、エコ対策に貢献したりすることが出来るというメリットがありますので、企業の経費削減やイメージアップに役立つ可能性も低くはありません。

こちらのサイトでは、トナーに関する基本的な説明や、その種類などについて述べます。